<< 溢れるpowerを届けたい。 | main | 何一つ思うようにならなくても。 >>

夜明けのコーヒーの香りとは。

今朝、仮眠してから起きたら、家中がえもいわれぬ香りで満たされていました。
例えるなら、ローストビーフ焼きながら黒豆炊いて、しかる後にグレビソースー煮詰めながらスコーンとパンを焼き、さらにドリップしたコーヒーのサーバーを4時間くらい超弱火にかけ続けて煮詰めたような・・・例えになってませんよ茉莉さん?

頭をすっきりさせようとコーヒー飲もうと思ったら、
  ナニこのどす黒いドロドロした溶液・・・・(涙)
気分をすっきりさせようとシャワー浴びて出てきたら、
  ナニこのタオルに染み付いた芳ばしくも焦げ臭い複合臭は……(滝涙)

眠気と嗅覚への攻撃とで半ば朦朧となった思考で、そーいやこれってつまりコンロの火を消し忘れて寝落ちたってことなんやなあ、と漸く気付いてぞっとしました。うわあ、しまった……一気に目ェさめた。



ナンカ字ばっかりの日記だと寂しいので写真とか貼ってみる。

異臭(笑)の原因、1.2kgの肉塊。

(しかもこの後もう一個焼いた。)

今年唯一のクリスマスケーキ。

(故あって今年はクリスマスの予定を全部キャンセルしたので、頼まれものの1個だけ作りました。)

at 22:40, 茉莉, 食い倒れ万歳。

comments(0), -, - -

comment