<< よっしゃ。 | main | ・・・・おやすみ。 >>

みんちかつ。

「録音」と打てばロックオンと推定変換し、「晴れる」はハレルヤ、「大差」は大佐で「江戸」はエド、「 周波」は秋波で「周年」を執念、いっそ「周期」を讐鬼と変換しないだけまだましか、な状態の我が一太郎ですが。
ですがね、↑のタイトルは誤変換でもタイプミスでもなく。ちゃんと合ってます、「ミンチカツ」。

イヤなんでそんなことをイキナリ説明してるかっつーと。

「メンチカツ」って、てっきり、粋言葉というか江戸っ子弁で「ひ」が「し」になってるみたいなモンだと思ってたのに、デフォルトで「メンチ」なんだ!驚いた!
バイト先で「ミンチカツ」っていったら通じなかったんだもん。「ミンチカツ?ナニそれ?」とか、「もしかしてメンチカツみたいなもの?」とかそんな反応。
えーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
メンチ肉とは言わんのに、何故にメンチカツ・・・(←拗ねてます。)

丁度NHKで蘊蓄やってたんだけど、語源はどっちも英語の「mince」で、それをメンチと聞き取ったかミンチと聞き取ったかの地域差。
・・・・・・・・いや、そこまではイイんだ。和製英語なんていろいろあるし地域差もあるって知ってるさ。

ただね。
挽肉のことはメンチって言わんのに、何故にカツにしたときだけメンチなのか。そこが謎・・・。
(ちなみに関西で挽肉は「ミンチ」って商品名で売ってます。ミンチを揚げるからミンチカツ。)

じゃあ関東ローカルなんや、と思ってたら。。。。

↑の番組曰く、「メンチカツ」の地域が圧倒的に多いとか。
多いどころか、「ミンチカツ」の地域は大阪とその周辺だけ。だとか。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
だからメンチ言うたらメンチ切るとかそっちやって……(←かなり拗ねてます。)


この話をしたら、N宮さんから「ヒレカツ」についてご意見が。
 「じゃあ、ヒレなのに『ヘレカツ』っていうのは、良いの?」って。

うん、イイの。
だって、「ヒレ肉」じゃなくて「ヘレ肉」っていうてたもん!
………や、少なくとも我が家とその周辺では……い、言ってたもんねッ(←だいぶ不安。)


うーん、言葉って難しい。

at 18:22, 茉莉, -

comments(0), -, - -

comment