<< シアワセオヤジ便。 | main | ある意味で、マニア。 >>

腐にあるまじき。

この半年ほど、BS11で再放送してたゼーガペインを録画して観てたんだけども、先日ようやく最終回までたどり着きました。

面白かったーー。
26話でキレイに纏めてあった。ラストちょっと駆け足ではあったけど、ちゃんと纏めてたし、キャラクタ描写もブレずにしっかりしてる。

…とまあ批評は苦手なんで置いておく、というかほっておくとして。

主人公ソゴル・キョウ(熱血馬鹿・男は拳で勝負なタイプ)に、ことあるごとにつっかかってくるルーシェンっつーキャラ(優等生タイプ)がいるわけなんですけんどもね。
そのルーシェンくんが、物語大詰めっつー局面において、イキナリ!キョウにぎゅううぅぅぅっと抱きついちゃったりしたわけなんですよ。ほっぺチュウもしてたかもしんない。しかも「ずっと君が好きだった」的な台詞もぶちかましました。
晩ご飯食べながら観ていた私等、思わず箸がとまっちゃったりしましたさ!

んで、ルーシェンくんとペア組んでる女の子が、ルーシェンに向かって言った台詞。
  「やっと分かった、あなたは……」
って言うから。
てっきりね。
いやもうすっかりね。
  「あなたは……女の子だったのね」
って続くと思ったのに〜〜〜!!

  「あなたは……ソゴルキョウになりたかったのね」

・・・・・・・・・・・・・・・なんだ、つまらん。
夫婦揃って画面に石投げちまいました。ぷんすか。


 相方「いやちょっと待った。腐女子的には、ソコは盛り上がるべきトコなんでは?」
 私 「そんなありきたりな展開、なんも面白ないやん。」
 相方「……………黙。(ありきたりなんかい……)」

え?なんか間違ってますかワタシ??

まあ正直なとこ、キャラクタとしてはキョウもルーシェンも好みではないのでこだわりないですが。
女の子キャラは多い方が華やかで楽しいから、一人くらい「実は女」でも良かったのにな…ってなんかやっぱ違うような……?

at 02:09, 茉莉, -

comments(0), -, - -

comment